TRIP

マレーシア・タイ・カンボジアの東南アジア主要3カ国で行う

起業家訪問、インターン、ビジネスコンテスト

成長要素が網羅された実践型教育プログラム

アウェイな環境に飛び込め。
アジアで自分の限界を超えろ。

日時

2020年3月10日〜19日

特別割引

先着5名まで早割り

TRIP

マレーシア・タイ・カンボジアの
東南アジア主要3カ国で行う
起業家訪問、インターン、ビジネスコンテスト
成長要素が網羅された実践型教育プログラム

アウェイな環境に飛び込め。
アジアで自分の限界を超えろ。

日時2020年3月10日〜19日
特別割引先着5名まで早割り

新型コロナウイルス感染拡大にAWAY TRIP延期のお知らせ

2020年02月16日
お客様各位
AWAY TRIP 運営一同

 拝啓 新春の候、皆様方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素はAWAY TRIPに格別のご高配とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

 さて、新型コロナウィルスについて、WHO=世界保健機関による「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言や日本には新型肺炎の市中感染の恐れがあるとの認識が世界的に急速に広まりつつある現状を受けまして、起業家の方々や参加学生の健康と安全を最優先に考慮し、AWAY TRIPの開催を急遽、夏に延期させていただくこととなりました。

運営一同、開催にむけて準備をして参りましたが、想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

開催時期に関しては夏を検討していますが、新型コロナウイルスの状況によっては来年春となる可能性もございます(Web, SNS, 公式ラインにて更新いたします)。

引き続き、運営一同尽力して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

未知の世界に挑め。限界を超えろ。

あなたのライバルは隣にいる日本人ではない。
世界中の優秀な人材がライバルだ。


日本にいて周りと同じことをしていても世界では通用しない。置いていかれるだけだ。


慣れた環境に浸っていないか?

なんとなく過ごす現状に満足していないか?
自分が本当にやりたいことは見つかったか?
いま一番ワクワクすることをしているか?


何も産まない無駄なブレーキを踏むな。
いま挑戦しないと何も変わらない。


周りと違う選択をした者だけが違う世界を見ることができる。

アウェイな環境に飛び込め。
真の自信を掴め。

AWAY TRIPにおける6つの特徴

世界で活躍するうえで必要なマインド

経済成長し続ける東南アジア3ヶ国を舞台に、実際に自分で実践・挑戦していくことで、世界中「どんな場所」「どんな業界」でも戦っていける圧倒的な自信と結果を残すスキルを磨きます。学生ではなく一人のビジネスパーソンとして扱われる東南アジアでの経験は、世界で戦うための自立心を養う貴重な機会となります。
得られるスキル
[自立心] [ゼロイチ]

圧倒的な経験値、自走力

今までの常識が通じないアウェイな環境でゼロから自分で考え、圧倒的な経験値を稼ぎ結果を残すための自走力を身につけます。AWAY TRIPでは本物のビジネス商材を使ったインターンシップを行います。企画から提案、プレゼンまで実際のビジネスと同じ流れを一貫して経験し、アイデアを実際に形にする力を身につけます。
得られるスキル
[事業立ち上げ] [マーケティング]

起業家からのフィードバック

成長に不可欠なエッセンスが「メンターシップ」であり、東南アジアで活躍し続ける起業家と近い距離で常にフィードバックをもらい成長し続けます。大学では学べない経営者ならではの知見・視点を知ることで、アイデアが妥当性・実現性の高いものへとブラッシュアップされていきます。
得られるスキル
[課題設定] [ソリューション策定]

本質的なビジネス英語を磨く

細かな間違いに執着せず英語を使う東南アジアの人々とのコミュニケーションを通して、英語に対するコンプレックスを解消し、話すことへの抵抗を払拭します。不慣れな英語環境下で、人を巻き込むことで、伝える為の実践的なビジネス英語を身につけます。
得られるスキル
[人を巻き込む力] [実践的な英語力]

論理的思考力、課題発見・解決力

社会課題の解決を目的としたビジネスコンテストを開催し、論理的思考力、課題発見・解決力を身につけます。現地で自ら情報収集し、人を巻き込み、ディスカッション、整理、プレゼンまでを少人数のチームを編成して行います。個々の力を最大限成長させるだけでなく、チームの一員として活動することで協働力を身につけます。
得られるスキル
[グループワーク] [プレゼン]

東南アジアを牽引する一流との出逢い

アジアでゼロからビジネスを創造した一流の9人の起業家を訪問し、起業家の価値観や生き方を学ぶ事でこのSTUDY TRIPで最も重要な成長マインドを手に入れます。これまでにない考え・感性に触れることで従来の価値観や思考を壊し、自身の視野を広げるきっかけとなります。
得られるスキル
[マインドセット][視野を広げる]

よくあるインターンでは学べない
実践型教育プログラム

アジア3ヶ国を周り飛躍的に経験値を獲得

1度に東南アジア主要3カ国でビジネスを経験し、圧倒的な経験値と自信を獲得して飛躍的に成長します。今後世界経済の要となる東南アジア全体の経済を理解し体感することで、日本で働くという1つの選択肢から世界で活躍するという新しい選択肢を得られます。よって自分の視野が日本から世界へと広がり、日本にいるライバルに圧倒的な差をつけます。

9人の起業家を訪問して価値観を壊す

アジアでゼロからビジネスを創造し、挑戦し続ける起業家の価値観や生き方を学ぶことで、これまでの常識や固定観念を壊し、AWAY TRIPで最も重要な成長マインドを手に入れます。普段出逢うことのできない、経済急成長中の東南アジアの中心で活躍する9人の起業家との出逢いは、学生の価値観を革新する本プロジェクトの醍醐味です。

社会課題に取り組み、仕事の意義を体得

「貧困地域の人々に仕事を作る」という社会課題を解決するためのフィールドワークを東南アジア3カ国で行います。社会課題の解決に挑戦することで、ビジネスを学ぶだけでなく「ビジネスとは何のためにするのか」という働くことの本来の意義を学びます。ビジネスの本質である社会貢献を理解し、向上心と使命感を持って仕事をする重要さを体得します。

東南アジアを選ぶ3つの理由

1. 常識の通用しない世界

先進国日本の生活に慣れている学生にとって東南アジアは非日常の環境です。文化も言語も異なる中で、日本人の常識は通用しません。現地人はあなたを学生としてではなく、一人のビジネスパーソンとして扱います。グローバル化が進む時代を生きる私達にとって、異文化の人とビジネスする機会は今後も圧倒的に増えていきます。経済発展の著しい東南アジアの環境下だからこそ起こる様々な課題・問題を自力で解決し、世界で戦う基盤を形成します。

2. 世界トップクラスの経済成長率

世界的に見ても東南アジアの経済成長率は非常に高い水準となっています。欧米中国等の先進国の経済成長率は2%前後を往々とする中、東南アジアASEAN諸国は5%を超える圧倒的な経済成長率を誇っています。現在目覚ましい経済成長を遂げている東南アジアに世界中のビジネスパーソンが注目しており、多くの投資が集まり、新規ビジネスが拡大しています。日本では見ることができない経済成長を目の当たりにし、日本にはない東南アジア経済ならではの可能性を学びます。

3. 障壁の低い英語環境

英語人口のうちの日本人割合は0.2%であり、大半の日本人が英語を話せません。英語を話す勇気がない日本人が大多数の中で、東南アジアは英語に自信がない人にうってつけの地域です。英語を第一言語としない者同士の交流は、英語への敷居を下げるため、英語を話すことへの躊躇がなくなります。自分への自信を手に入れ、世界への挑戦心をつかみやすい環境となっています。東南アジアの英語環境下での挑戦が、世界への第一歩となるのです。

AWAY TRIPで取り組む3つの内容

unnamed (6)

起業家訪問

最初に東南アジア3カ国で活躍する9人の起業家・経営者を訪問します。起業家・ビジネスパーソンの生き方・考え方を知ることで、これまでの価値観や思考、常識を壊し自身の視野を広げます。また質疑応答の時間を設け、学生が起業家に自由に質問する機会を提供します。

unnamed (4)

インターンシップ

本物のビジネス商材を用いて、少人数チームを編成し、各国で市場調査、マーケティング、販路開拓等に取り組みます。現地の一般人だけでなく、現地企業・現地政府機関を巻き込み、情報収集を行います。チーム内で徹底的に思考し、ビジネスプランを構築します。プログラム期間の中で、毎日メンターとの話し合いとフィードバックを受ける時間を設けます。

unnamed (5)

ビジネスコンテスト

各国のインターンシップを通して最終日にプレゼンします。情報収集した結果や、現地の声をまとめ、妥当性の高い資料を作成し、プレゼン資料をまとめます。AWAY TRIPの渡航中に各国で作成するプレゼンに対して、毎日メンターからのフィードバックを受け、ブラッシュアップしていきます。最終日に各チームがプレゼンし、起業家からの審査と優勝チーム発表を行います。

Malaysia

マレーシアは世界一成長率の高いイスラム教が人口の約70%を占めるイスラム国家です。現在世界の4人に1人がイスラム教徒であり、今後の世界経済を大きく動かす市場として認知されています。イスラム国家間のハブとなっているマレーシアは、イスラム市場の要として注目を集めています。英語が準公用語でアジアで3位の英語力を持ち、日常的に英語が使われています。富裕層の人口比率が2割を超える東南アジアトップクラスの経済発展国です。

Thailand

タイは発展途上国でありながら、日本人居住者数が東南アジアで1位、世界で4位となっています。日系企業進出数は世界トップクラスで4,000企業に上り、その成長率(前年比)は世界で1位。海外進出を目指す日本企業からの注目が集中しています。アジアで1位、 世界で4位の観光収入を誇っており、世界中から人々が足を運びます。また観光だけでなく、東南アジアでトップクラスの製造業大国でもあります。

Cambodia

東南アジアの最貧国の1つでありながら、現在世界で7位、東南アジアで1位の経済成長率を誇っています。国民の平均年齢は25歳であり、日本の高度経済成長期と同じ人口ピラミッドを形成しています。カンボジア経済は外資の会社が大きなカンボジア経済の一端を担っており、経済成長を牽引する最も大きな理由の一つとなっています。外資への規制が少ないことから、起業やビジネスのチャンスを掴みやすいため世界各国からの注目を集めています。

引率者のプロフィール

山口聖三

Shozo Yamaguchi
代表取締役

略歴

2007年インディアナ大学を卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュア入社。
電通グループの戦略コンサルティング会社を経て、マレーシア・クアラルンプールにてUNLOCK DESIGN INTERNATIONAL SDN BHDを設立
2017年「TEDx」に登壇。
2018年、海外を拠点とする「日本人起業家のネットワークWAOJE(World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)」のクアラルンプール支部代表理事に就任。
2018年マレーシアのデザイン大学「Saito University College」の非常勤講師に就任。

経歴

製造流通、保険、ハイテク、小売などの業界に対し、全社/事業戦略の立案、マーケティング戦略、営業改革、物流改革、経営・会計期間システム導入、新規事業開発などグローバルマネジメントおよびオペレーション等、クロスボーダーに戦略策定から実行支援まで、日系企業の海外事業に関するプロジェクトを数多く担当経験する。

海外実務

主に日系企業における新興国への参入・展開に向けた市場機会の把握(事業環境の調査・分析、競争優位性の評価)、ビジネスモデル、シナリオパターン策定および成功要因の整理・検証など市場参入戦略の策定から事業拡大まで多岐にわたるコンサルティング業務に従事。シンガポール、インド、インドネシア、中国(上海・北京・大連)、アメリカ、ポーランドなど、アジアから欧米までグローバル案件を幅広く経験。

スケジュール

マレーシア

3/10~12

タイ

3/13~15

カンボジア

3/16~18

マレーシア

3/19

2020年2月23日

事前説明会・顔合わせ@渋谷
AWAY TRIPの事前準備、注意事項についてお話しします。また現地で取り組むインターンシップの事前課題についても説明します。 ※遠方の方はオンラインにて参加可能です。

2020年3月10日~19日

プログラム
1. 東南アジア各国で挑戦し続ける9人の起業家を訪問・対談 2. 東南アジア主要3カ国でインターン(フィールドワークでの現地調査・分析) 3. 起業家が審査するビジネスコンテスト ※プログラムの都合上3/9に日本を出発し、3/20日に日本に帰国となります

2020年3月

報告会@渋谷
ゲストを招待し、AWAY TRIPを締めくくる報告会を予定しています。 ※遠方の方はオンラインにて参加可能です。 ※詳細については、別途ご連絡します。

説明会

概要

参加者向けに、AWAY TRIPの事前準備・注意事項について説明します。参加者の顔合わせも兼ねています。また現地で取り組むインターンシップの事前課題についても説明します。参加にあたっての相談や質問等、不安を解消する場としてもご利用いただけます。※遠方の方はオンラインにて参加可能です。

日時

2月23日(日)
・13:00~

場所

東京都 渋谷区 みんなの会議室

詳しくはお申し込み後に担当者から詳細をお伝えいたします。

参加資格(ひとつでも当てはまる学生)

成長意欲

海外思考

価値創造

論理思考

粘り強さ

積極性

柔軟性

ゼロイチ思考

学校・専攻・学年・語学力・海外経験は不問

※募集人数は9のみとなります。
※6人未満の場合は夏に延期となります。

参加までの流れ

WEB申し込み

オンライン説明会

オンライン面接

事前説明会(事前課題)

渡航準備

渡航・参加

参加学生の声

高田樹彦さん

創価大学
「プログラム終了後、自分の中に達成感と成長と課題があった。」

1. AWAY TRIPに参加した理由

参加した理由は2つです。1つ目は、失うものがない学生の間に強烈な経験を積みたかったから。2つ目は、事業を運営している株式会社UNLOCK DESIGNの創業者である山口聖三さんの元で勉強させてもらいたかったからです。

2. AWAY TRIPに参加した感想

過酷で濃密で刺激的な3泊4日でした。寝ている時以外の時間は常に頭をフル回転で、1秒も無駄にできない3泊4日の過密スケジュール。求められるアウトプットの質と量に食らいつく中で、自分が音を立てて成長しているのを実感していました。プログラムを終えた後の達成感と自分の中に残った成長と課題。新しい世界が開いた感覚を覚えています。

3. AWAY TRIPに参加して得たこと

どこに行っても戦っていけるという自信と、ユニークでハイスペックな同年代の仲間を得ました。与えられたミッションを超短時間でアウトプットしなければならない環境で、人生の中で最も短い時間で最も多くの殻を破った経験だったと思います。どんなことでも「なんとかなる」という感覚を掴めたことは、大きな収穫でした。その後の社会人人生に大きな影響を与え続けています。また、ユニークでハイスペックな仲間からは社会人になってからも良い刺激をもらっています。参加して本当によかったです。

4. このプログラムに興味を持っている日本人学生にメッセージ

周りの目を気にせず、自分にどれだけ投資できるかが大事だと思います。「今の自分にできるのか」ではなく「どんな自分になりたいか」を大切にしてほしいです。思考は現実化します。AWAYでの経験が私の人生の方向性を180度変える大きな分岐点となりました。迷ったら飛び込んでみるの精神でチャレンジしてみてください。新しい世界があなたを待っているはず。応援しています。

常井裕輝さん

上智大学
「自由と挑戦を掲げて生きていこうと決めるきっかけになった」

1. AWAY TRIPに参加した理由

スーパーグローバル大学やトビタテ留学JAPANなど、若者のグローバル化を後押しし始めた時代で、超えたい先輩も、尊敬する経営者も、ふざけた友達も、皆海外経験がありました。学生時代に海外経験がないことは、大きなビハインドとなってその後の人生の選択や機会に大きな影を落としそうだという恐怖心がありました。
才色兼備の帰国子女が語学力を武器に世界のトップ大学に留学していく様子を見て、違う領域で成果を出して対等になりたいと考えるようになりました。このポイントが参加のトリガーになったと振り返って思います。

2. AWAY TRIPに参加した感想

多くの国の多くのステークホルダーと対話できました。自分が動くと人も動くという体験もできました。数々の小さな成功体験の積み重ね、やれば何でもできると思えるようになりました。その過程で、過去の成功体験はいつまで経ってもこれからの成功体験の足元にも及ばない構造になっているんだなと感じました。AWAY TRIPは、想いやスケールが更に大きい成功体験を求めて、知的好奇心を絶やさず、自由と挑戦を掲げて生きていこうと決めるきっかけになりました。

3. AWAY TRIPに参加して得たこと

社会構造の把握には、視点を客観視する視点が重要です。後天的に身につくものだとは思いますが、20代で獲得できないとなかなか厳しいのではないかと考えています。AWAY TRIPでは身に付けることができたと考えています。
AWAY TRIPでは、観光客、生活者、会社員、起業家、体制側など多くのステークホルダーとの対話を通して、社会それ自体の特性と社会に対する見方の幅広さを体感できました。そのそれぞれが視点であるため、ちゃんと学べば「自分は今どの視点で得た情報を基に思考してるのだろう。こっちの視点ならどうだろう。そもそもその視点で考えることは正なのだろうか」といった思考ができるようになります。

4. このプログラムに興味を持っている日本人学生にメッセージ

多くの人は、流動性が極めて低く、かつヒエラルキー的な圧力が強い組織に一定期間入ることになると思います。その時に、心の聖域として、自分だけが見てきた世界や社会や人の顔が思い浮かべてられれば、自分を保っていれらます。人らしく自分らしく生き続けるための糧とするための種まきを、AWAY TRIPでできることを祈ります。帰国したらAWAYLOUNGEでお待ちしております。長期の海外滞在経験が必須のコミュニティですが、本プログラム経由であれば歓迎です。

過去のAWAY TRIP(上海・カンボジア・マレーシア)

新型コロナウイルス感染拡大にAWAY TRIP延期のお知らせ

2020年02月16日
お客様各位
AWAY TRIP 運営一同

 拝啓 新春の候、皆様方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素はAWAY TRIPに格別のご高配とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

 さて、新型コロナウィルスについて、WHO=世界保健機関による「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言や日本には新型肺炎の市中感染の恐れがあるとの認識が世界的に急速に広まりつつある現状を受けまして、起業家の方々や参加学生の健康と安全を最優先に考慮し、AWAY TRIPの開催を急遽、夏に延期させていただくこととなりました。

運営一同、開催にむけて準備をして参りましたが、想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

開催時期に関しては夏を検討していますが、新型コロナウイルスの状況によっては来年春となる可能性もございます(Web, SNS, 公式ラインにて更新いたします)。

引き続き、運営一同尽力して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

未知の世界に挑め。限界を超えろ。

あなたのライバルは隣にいる日本人ではない。世界中の優秀な人材がライバルだ。


日本にいて周りと同じことをしていても世界では通用しない。置いていかれるだけだ。


慣れた環境に浸っていないか?

なんとなく過ごす現状に満足していないか?

自分が本当にやりたいことは見つかったか?

いま一番ワクワクすることをしているか?


何も産まない無駄なブレーキを踏むな。

いま挑戦しないと何も変わらない。


周りと違う選択をした者だけが違う世界を見ることができる。

アウェイな環境に飛び込め。

真の自信を掴め。

AWAY TRIPにおける6つの特徴

世界で活躍するうえで必要なマインド

経済成長し続ける東南アジア3ヶ国を舞台に、実際に自分で実践・挑戦していくことで、世界中「どんな場所」「どんな業界」でも戦っていける圧倒的な自信と結果を残すスキルを磨きます。学生ではなく一人のビジネスパーソンとして扱われる東南アジアでの経験は、世界で戦うための自立心を養う貴重な機会となります。
得られるスキル
[自立心] [ゼロイチ]

圧倒的な経験値、自走力

今までの常識が通じないアウェイな環境でゼロから自分で考え、圧倒的な経験値を稼ぎ結果を残すための自走力を身につけます。AWAY TRIPでは本物のビジネス商材を使ったインターンシップを行います。企画から提案、プレゼンまで実際のビジネスと同じ流れを一貫して経験し、アイデアを実際に形にする力を身につけます。
得られるスキル
[事業立ち上げ] [マーケティング]

起業家からのフィードバック

成長に不可欠なエッセンスが「メンターシップ」であり、東南アジアで活躍し続ける起業家と近い距離で常にフィードバックをもらい成長し続けます。大学では学べない経営者ならではの知見・視点を知ることで、アイデアが妥当性・実現性の高いものへとブラッシュアップされていきます。
得られるスキル
[課題設定] [ソリューション策定]

本質的なビジネス英語を磨く

細かな間違いに執着せず英語を使う東南アジアの人々とのコミュニケーションを通して、英語に対するコンプレックスを解消し、話すことへの抵抗を払拭します。不慣れな英語環境下で、人を巻き込むことで、伝える為の実践的なビジネス英語を身につけます。
得られるスキル
[人を巻き込む力] [実践的な英語力]

論理的思考力、課題発見・解決力

社会課題の解決を目的としたビジネスコンテストを開催し、論理的思考力、課題発見・解決力を身につけます。現地で自ら情報収集し、人を巻き込み、ディスカッション、整理、プレゼンまでを少人数のチームを編成して行います。個々の力を最大限成長させるだけでなく、チームの一員として活動することで協働力を身につけます。
得られるスキル
[グループワーク] [プレゼン]

東南アジアを牽引する一流との出逢い

アジアでゼロからビジネスを創造した一流の9人の起業家を訪問し、起業家の価値観や生き方を学ぶ事でこのSTUDY TRIPで最も重要な成長マインドを手に入れます。これまでにない考え・感性に触れることで従来の価値観や思考を壊し、自身の視野を広げるきっかけとなります。
得られるスキル
[マインドセット][視野を広げる]

よくあるインターンでは学べない実践型教育プログラム

アジア3ヶ国を周り飛躍的に経験値を獲得

1度に東南アジア主要3カ国でビジネスを経験し、圧倒的な経験値と自信を獲得して飛躍的に成長します。今後世界経済の要となる東南アジア全体の経済を理解し体感することで、日本で働くという1つの選択肢から世界で活躍するという新しい選択肢を得られます。よって自分の視野が日本から世界へと広がり、日本にいるライバルに圧倒的な差をつけます。

9人の起業家を訪問して価値観を壊す

アジアでゼロからビジネスを創造し、挑戦し続ける起業家の価値観や生き方を学ぶことで、これまでの常識や固定観念を壊し、AWAY TRIPで最も重要な成長マインドを手に入れます。普段出逢うことのできない、経済急成長中の東南アジアの中心で活躍する9人の起業家との出逢いは、学生の価値観を革新する本プロジェクトの醍醐味です。

社会課題に取り組み、仕事の意義を体得

「貧困地域の人々に仕事を作る」という社会課題を解決するためのフィールドワークを東南アジア3カ国で行います。社会課題の解決に挑戦することで、ビジネスを学ぶだけでなく「ビジネスとは何のためにするのか」という働くことの本来の意義を学びます。ビジネスの本質である社会貢献を理解し、向上心と使命感を持って仕事をする重要さを体得します。

GRAB CHANCE

チャンスは貯金できない

東南アジアを選ぶ3つの理由

1. 常識の通用しない世界

先進国日本の生活に慣れている学生にとって東南アジアは非日常の環境です。文化も言語も異なる中で、日本人の常識は通用しません。現地人はあなたを学生としてではなく、一人のビジネスパーソンとして扱います。グローバル化が進む時代を生きる私達にとって、異文化の人とビジネスする機会は今後も圧倒的に増えていきます。経済発展の著しい東南アジアの環境下だからこそ起こる様々な課題・問題を自力で解決し、世界で戦う基盤を形成します。

2. 世界トップクラスの経済成長率

世界的に見ても東南アジアの経済成長率は非常に高い水準となっています。欧米中国等の先進国の経済成長率は2%前後を往々とする中、東南アジアASEAN諸国は5%を超える圧倒的な経済成長率を誇っています。現在目覚ましい経済成長を遂げている東南アジアに世界中のビジネスパーソンが注目しており、多くの投資が集まり、新規ビジネスが拡大しています。日本では見ることができない経済成長を目の当たりにし、日本にはない東南アジア経済ならではの可能性を学びます。

3. 障壁の低い英語環境

英語人口のうちの日本人割合は0.2%であり、大半の日本人が英語を話せません。英語を話す勇気がない日本人が大多数の中で、東南アジアは英語に自信がない人にうってつけの地域です。英語を第一言語としない者同士の交流は、英語への敷居を下げるため、英語を話すことへの躊躇がなくなります。自分への自信を手に入れ、世界への挑戦心をつかみやすい環境となっています。東南アジアの英語環境下での挑戦が、世界への第一歩となるのです。

AWAY TRIPで取り組む3つの内容

unnamed (6)

起業家訪問

最初に東南アジア3カ国で活躍する9人の起業家・経営者を訪問します。起業家・ビジネスパーソンの生き方・考え方を知ることで、これまでの価値観や思考、常識を壊し自身の視野を広げます。また質疑応答の時間を設け、学生が起業家に自由に質問する機会を提供します。

unnamed (4)

インターンシップ

本物のビジネス商材を用いて、少人数チームを編成し、各国で市場調査、マーケティング、販路開拓等に取り組みます。現地の一般人だけでなく、現地企業・現地政府機関を巻き込み、情報収集を行います。チーム内で徹底的に思考し、ビジネスプランを構築します。プログラム期間の中で、毎日メンターとの話し合いとフィードバックを受ける時間を設けます。

unnamed (5)

ビジネスコンテスト

各国のインターンシップを通して最終日にプレゼンします。情報収集した結果や、現地の声をまとめ、妥当性の高い資料を作成し、プレゼン資料をまとめます。AWAY TRIPの渡航中に各国で作成するプレゼンに対して、毎日メンターからのフィードバックを受け、ブラッシュアップしていきます。最終日に各チームがプレゼンし、起業家からの審査と優勝チーム発表を行います。

開催国

Malaysia

マレーシアは世界一成長率の高いイスラム教が人口の約70%を占めるイスラム国家です。

現在世界の4人に1人がイスラム教徒であり、今後の世界経済を大きく動かす市場として認知されています。イスラム国家間のハブとなっているマレーシアは、イスラム市場の要として注目を集めています。英語が準公用語でアジアで3位の英語力を持ち、日常的に英語が使われています。富裕層の人口比率が2割を超える
東南アジアトップクラスの経済発展国です。

Thailand

タイは発展途上国でありながら、日本人居住者数が東南アジアで1位、世界で4位となっています。

日系企業進出数は世界トップクラスで4,000企業に上り、その成長率(前年比)は世界で1位。海外進出を目指す日本企業からの注目が集中しています。アジアで1位、 世界で4位の観光収入を誇っており、世界中から人々が足を運びます。また観光だけでなく、東南アジアでトップクラスの製造業大国でもあります。

Cambodia

東南アジアの最貧国の1つでありながら、現在世界で7位、東南アジアで1位の経済成長率を誇っています。

国民の平均年齢は25歳であり、日本の高度経済成長期と同じ人口ピラミッドを形成しています。カンボジア経済は外資の会社が大きなカンボジア経済の一端を担っており、経済成長を牽引する最も大きな理由の一つとなっています。外資への規制が少ないことから、起業やビジネスのチャンスを掴みやすいため世界各国からの注目を集めています。

引率者のプロフィール

山口聖三

Shozo Yamaguchi
代表取締役

略歴

2007年インディアナ大学を卒業後、外資系経営コンサルティング会社アクセンチュア入社。
電通グループの戦略コンサルティング会社を経て、マレーシア・クアラルンプールにてUNLOCK DESIGN INTERNATIONAL SDN BHDを設立
2017年「TEDx」に登壇。
2018年、海外を拠点とする「日本人起業家のネットワークWAOJE(World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)」のクアラルンプール支部代表理事に就任。
2018年マレーシアのデザイン大学「Saito University College」の非常勤講師に就任。

経歴

製造流通、保険、ハイテク、小売などの業界に対し、全社/事業戦略の立案、マーケティング戦略、営業改革、物流改革、経営・会計期間システム導入、新規事業開発などグローバルマネジメントおよびオペレーション等、クロスボーダーに戦略策定から実行支援まで、日系企業の海外事業に関するプロジェクトを数多く担当経験する。

海外実務

主に日系企業における新興国への参入・展開に向けた市場機会の把握(事業環境の調査・分析、競争優位性の評価)、ビジネスモデル、シナリオパターン策定および成功要因の整理・検証など市場参入戦略の策定から事業拡大まで多岐にわたるコンサルティング業務に従事。シンガポール、インド、インドネシア、中国(上海・北京・大連)、アメリカ、ポーランドなど、アジアから欧米までグローバル案件を幅広く経験。

スケジュール

マレーシア

3/10~12

タイ

3/13~15

カンボジア

3/16~18

マレーシア

3/19

Screen Shot 2019-12-25 at 1

2020年2月23日


  事前説明会・顔合わせ@渋谷

  AWAY TRIPの事前準備、注意事項についてお話しします。
  また現地で取り組むインターンシップの事前課題についても説明します。
  ※遠方の方はオンラインにて参加可能です。

2020年3月10日~19日


  
プログラム

  1. 東南アジア各国で挑戦し続ける9人の起業家を訪問・対談
  2. 東南アジア主要3カ国でインターン(フィールドワークでの現地調査・分析)
  3. 起業家が審査するビジネスコンテスト
  ※プログラムの都合上3/9に日本を出発し、3/20日に日本に帰国となります。

2020年3月


  報告会@渋谷

  ゲストを招待し、AWAY TRIPを締めくくる報告会を予定しています。
  ※遠方の方はオンラインにて参加可能です。
  ※詳細については、別途ご連絡します。

説明会

概要

参加者向けに、AWAY TRIPの事前準備・注意事項について説明します。参加者の顔合わせも兼ねています。また現地で取り組むインターンシップの事前課題についても説明します。参加にあたっての相談や質問等、不安を解消する場としてもご利用いただけます。
※遠方の方はオンラインにて参加可能です

日時

2月23日(日)
・13:00~

場所

東京都 渋谷区 みんなの会議室
詳しくはお申し込み後に担当者から詳細をお伝えいたします。

参加資格(ひとつでも当てはまる学生)

成長意欲

海外思考

価値創造

論理思考

粘り強さ

積極性

柔軟性

ゼロイチ思考

学校・専攻・学年・語学力・海外経験は不問

※募集人数は9のみとなります。

※6人未満の場合は夏に延期となります。

参加までの流れ

WEB申し込み

オンライン説明会

オンライン面接

事前説明会(事前課題)

渡航準備

渡航・参加

参加学生の声

高田樹彦さん

創価大学
「プログラム終了後、自分の中に達成感と成長と課題があった。」

1. AWAY TRIPに参加した理由

参加した理由は2つです。1つ目は、失うものがない学生の間に強烈な経験を積みたかったから。2つ目は、事業を運営している株式会社UNLOCK DESIGNの創業者である山口聖三さんの元で勉強させてもらいたかったからです。

2. AWAY TRIPに参加した感想

過酷で濃密で刺激的な3泊4日でした。寝ている時以外の時間は常に頭をフル回転で、1秒も無駄にできない3泊4日の過密スケジュール。求められるアウトプットの質と量に食らいつく中で、自分が音を立てて成長しているのを実感していました。プログラムを終えた後の達成感と自分の中に残った成長と課題。新しい世界が開いた感覚を覚えています。

3. AWAY TRIPに参加して得たこと

どこに行っても戦っていけるという自信と、ユニークでハイスペックな同年代の仲間を得ました。与えられたミッションを超短時間でアウトプットしなければならない環境で、人生の中で最も短い時間で最も多くの殻を破った経験だったと思います。どんなことでも「なんとかなる」という感覚を掴めたことは、大きな収穫でした。その後の社会人人生に大きな影響を与え続けています。また、ユニークでハイスペックな仲間からは社会人になってからも良い刺激をもらっています。参加して本当によかったです。

4. このプログラムに興味を持っている日本人学生にメッセージ

周りの目を気にせず、自分にどれだけ投資できるかが大事だと思います。「今の自分にできるのか」ではなく「どんな自分になりたいか」を大切にしてほしいです。思考は現実化します。AWAYでの経験が私の人生の方向性を180度変える大きな分岐点となりました。迷ったら飛び込んでみるの精神でチャレンジしてみてください。新しい世界があなたを待っているはず。応援しています。

常井裕輝さん

上智大学
「自由と挑戦を掲げて生きていこうと決めるきっかけになった」

1. AWAY TRIPに参加した理由

スーパーグローバル大学やトビタテ留学JAPANなど、若者のグローバル化を後押しし始めた時代で、超えたい先輩も、尊敬する経営者も、ふざけた友達も、皆海外経験がありました。学生時代に海外経験がないことは、大きなビハインドとなってその後の人生の選択や機会に大きな影を落としそうだという恐怖心がありました。
才色兼備の帰国子女が語学力を武器に世界のトップ大学に留学していく様子を見て、違う領域で成果を出して対等になりたいと考えるようになりました。このポイントが参加のトリガーになったと振り返って思います。

2. AWAY TRIPに参加した感想

多くの国の多くのステークホルダーと対話できました。自分が動くと人も動くという体験もできました。数々の小さな成功体験の積み重ね、やれば何でもできると思えるようになりました。その過程で、過去の成功体験はいつまで経ってもこれからの成功体験の足元にも及ばない構造になっているんだなと感じました。AWAY TRIPは、想いやスケールが更に大きい成功体験を求めて、知的好奇心を絶やさず、自由と挑戦を掲げて生きていこうと決めるきっかけになりました。

3. AWAY TRIPに参加して得たこと

社会構造の把握には、視点を客観視する視点が重要です。後天的に身につくものだとは思いますが、20代で獲得できないとなかなか厳しいのではないかと考えています。AWAY TRIPでは身に付けることができたと考えています。
AWAY TRIPでは、観光客、生活者、会社員、起業家、体制側など多くのステークホルダーとの対話を通して、社会それ自体の特性と社会に対する見方の幅広さを体感できました。そのそれぞれが視点であるため、ちゃんと学べば「自分は今どの視点で得た情報を基に思考してるのだろう。こっちの視点ならどうだろう。そもそもその視点で考えることは正なのだろうか」といった思考ができるようになります。

4. このプログラムに興味を持っている日本人学生にメッセージ

多くの人は、流動性が極めて低く、かつヒエラルキー的な圧力が強い組織に一定期間入ることになると思います。その時に、心の聖域として、自分だけが見てきた世界や社会や人の顔が思い浮かべてられれば、自分を保っていれらます。人らしく自分らしく生き続けるための糧とするための種まきを、AWAY TRIPでできることを祈ります。帰国したらAWAYLOUNGEでお待ちしております。長期の海外滞在経験が必須のコミュニティですが、本プログラム経由であれば歓迎です。

過去のAWAY TRIP(上海・カンボジア・マレーシア)

UNLOCK DESIGN

会社名:株式会社 アンロックデザイン (東京拠点)

UNLOCK DESIGN INTERNATIONAL SDN BHD(マレーシア拠点)